このブログをはてなブックマークに追加

2009年05月12日

ページ構成について。。。

にほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ

ページ構成について。。。

まず、カートです!

極端かもしれませんが、情報商材と違い、

物販の場合、お客様の多くは、

買うことを決めている、もしくは、決めている方を、

ターゲットにすることが、前提です。


いきなり、カートというのもなんですが、

気持ちとしては、そうなんです。


買うことを決めた方のほしい情報は、

価格と商品イメージ、そして、購入場所。


ですから、写真画像・価格・カートの3点セットが、

分かりやすく、しかも、魅力あるものに。


つまり、”ひとみぼれ”していただく事に注力します。



それから後は、販売確率を上げるために、

お客様が、気になることを、

先回りして、お伝えする。


つまり、背中をやさしく押してあげる。


ですから、区切り区切りで、カートを置いて差し上げる。


伝えたいこと満載で、

最初は、長いページになってしまいますが、

それを、改良を重ね短くしていきます。


不思議なもので、買うことを決めてる方は、

一応、ページの最後まで、見ようとされます。


ですから、あまり長いと嫌がられます。


数あるショップの中から、

自分のショップを選んで、

お金を払って、お買い上げしていただくわけですから、


お客様のために、お役に立てる情報を、

お客様目線で、スムーズにお伝えする。

ストレスを感じさせない。


このようなことを心掛け、
商いですから、やっぱり、お客様は、神様。

お客様第一主義を、モットーにページ構成します。


きれいなページより、お客様に満足納得、よろこんでいただける、

そんなページができればと、いつも思っています。

---------------------------------------------------------------------
最新版の「修正・注記編」こちらも、お読み下さいね。↓

「もしもドロップシッピング攻略「修正・注記編」(4.ページ構成について。。。)2013最新」
---------------------------------------------------------------------

おおまかにしか書けてませんので、
何か疑問があれば、コメントいただければ、
月商100万までの限定つき範囲で、お答します♪


次回は、実録、ページ構成だけで、売上15倍に。。。です。


ブログランキングに登録しましたので、プチッと投票いただけるとうれしいです。

いつも”プチッ”と、本当にありがとうございます!かわいい

では、
最後まで、お読み頂きありがとうございます。
お立ち寄りになられた皆様に
感謝いたします。
また、来てくださいね。
お待ちしております。かわいい

貴方様に、幸運がおとずれますように。

にほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ

もしもドロップシッピングで気をつけている、また、心がけていること(1.商品選びと、キーワード選び)
もしもドロップシッピングで気をつけている、また、心がけていること(2.商品選び)
もしもドロップシッピングで気をつけている、また、心がけていること(3.ブログ活用について。。)
もしもドロップシッピングで気をつけている、また、心がけていること(4.PPC広告について。。。)
もしもドロップシッピングで気をつけている、また、心がけていること(5.ページ構成について。。。)
もしもドロップシッピングで気をつけている、また、心がけていること(6.実録ページ構成だけで、売上15倍に)
もしもドロップシッピングで気をつけている、また、心がけていること(7.”マル秘" 他人のふんどし商品選び)
もしもドロップシッピングで気をつけている、また、心がけていること(8.選択肢は早めに。。)
もしもドロップシッピングで気をつけている、また、心がけていること(9.間口は広く、集客倍増!)
もしもドロップシッピングで気をつけている、また、心がけていること(10.お宝勘違いキーワード)
もしもドロップシッピングで気をつけている、また、心がけていること(11.ショップ名を変えると検索が増える)
もしもドロップシッピングで気をつけている、また、心がけていること(12.先駆者利益でガッツリうふふ)
もしもドロップシッピングで気をつけている、また、心がけていること(13.優先順位について)
もしもドロップシッピングで気をつけている、また、心がけていること(14.ブログでドカンと売る方法)
もしもドロップシッピングで気をつけている、また、心がけていること(15.キャッチコピーの簡単な作り方)
もしもドロップシッピングで気をつけている、また、心がけていること(16.最強の武器を使うために)
もしもドロップシッピングで気をつけている、また、心がけていること(17.手抜きが織りなす最大の効果)
もしもドロップシッピングで気をつけている、また、心がけていること(18.激戦区で戦う効用)
もしもドロップシッピングで気をつけている、また、心がけていること(19.これだけで成約率がグンと上がる)
もしもドロップシッピングで気をつけている、また、心がけていること(20.毎日、売れる楽勝基盤作り)
もしもドロップシッピングで気をつけている、また、心がけていること(21.スポンジのような吸収力で、ドカン!)
もしもドロップシッピングで気をつけている、また、心がけていること(22.DSにおける努力と成果の関係)
もしもドロップシッピングで気をつけている、また、心がけていること(23.相互リンクで売上倍増!!)
もしもドロップシッピングで気をつけている、また、心がけていること(24.数字が意外とものを言う!!)
もしもドロップシッピングで気をつけている、また、心がけていること(25.こんな商品は超おいしい!!)
もしもドロップシッピングで気をつけている、また、心がけていること(26.得意を伸ばせば、売上も伸びる)
もしもドロップシッピングで気をつけている、また、心がけていること(27.毎日売れるPPC)

にほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ
この記事へのコメント
ページ構成ですが、普通に紹介を短文にしただけでは折角きたお客様が離れてしまいます。

これを避けるためにパソナの法則で文章を考えますが、長くなってコンバージョンの採算が取れない状況になってしまいました。

何がいけないのでしょうか。

販売ページはできすぎくんに文章の書き換えで対応しようとしてました。

よろしくお願いします。
Posted by 旅人 at 2009年11月29日 02:19
☆ 旅人さんへ ☆
こんばんは。can です。
ご質問ありがとうございます。
では、早速。

>何がいけないのでしょうか。

これを解決するには、
試すしかありません。

長文がダメなら、短文に。
短文がダメなら、長文に。

ですが、これは、文章の問題で、
ネットショップに関していえば、
ビジュアルで構成を考えるほうが、
コンバージョンは、上がると思いますよ。

パソナの法則は、長文を書けば、
売れると言ってるわけではないと思います。

説得、納得されるために、
顧客心理に合わせて、
タイミングよく提示する。

問題(PROBLEM)を明確にし
問題点をあぶりたて
解決策を
条件を絞り込んで提示する。

ただ、ダイレクトメールのように、
問題意識のない人に、
問題に気づかせ、
こちらの話にのめり込ませ、
行動を起こさせるというような
難しいものではありません。

検索者は、既に問題意識も、
購入意欲もあるわけですから、
あとは、スムーズに買い物ができるように、
背中を押して差し上げる。

ここが、ページ作成だと思われます。

ページに入って来られた瞬間で、
勝負の半分は決まると言っても、
過言でないと思われます。

超できすぎくん、できすぎくん、
もしもの赤い商品販売ページの基本が、
商品画像とカートからスタートしているのは、
そのためだと考えます。

これだけでも、充分売上を上げることができます。
ですが成約率を上げるために、
商品特性、顧客特性にあわせて、
ページをカスタマイズするという事だと思います。

変な話ですが、パソナの法則は、
超できすぎくん、できすぎくん、
もしもの赤い商品販売ページでも、
隋所に使われていると思うのですが。。。

それを、上手に引き立てるために、
キャッチコピーを利用するんだと考えます。

最後になりましたが、
コンバージョンの採算が取れない状況の多くは、
キーワード(場所)に関連することの事のほうが、
多いので、再度、そちらも、検討なされたほうが、
得策かと存じます。

以上です。
ありがとうございます☆



Posted by can at 2009年11月29日 03:24
canさん、丁寧なお返事ありがとうございます。

パソナの法則は最近知って使えると思って販売ページを作り変えていました。

なれないせいか長文になり、コンバージョンに寄与しないので悩んでいました。

少しこだわり過ぎているのが分かったので、アドバイス通り色々試してみます。

ありがとうございました。
Posted by 旅人 at 2009年11月30日 02:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119213998

この記事へのトラックバック
ホームページSEO集客コンサルタント会社|CANコンサルティング株式会社