このブログをはてなブックマークに追加

2012年01月30日

もしもドロップシッピング徒然編571.(キーワード訓練、実践とは?)

【もしもドロップシッピング徒然編571.(キーワード訓練、実践とは?)】

---前回のまとめ---もしもドロップシッピングキーワード訓練 --------

キーワード訓練のまとめ目次

『キーワード』によって月間検索件数がちがう。
仮説・検証がキーワード訓練のポイント

たまにしか売れなくとも塵も積もれば山となる。
『ロングテールキーワード』を覚えておいて下さい。
もしもドロップシッピングの作業を続ければ続けるほど、パワーを発揮してくれます。
-------------------------------------------------------------------

前回までで、もしもドロップシッピングにおいての『キーワード』の概念が
なんとなくご理解いただけたと思います。

ですが、実際にはこれらの『キーワード概念』をしっかり理解した上での繰り返し実践が大事になってきます。

角度を変えてのキーワード訓練についてのお話の前に「キーワード訓練、実践」を再度、確認しておきます。


物事には「原則と例外」が必ずあります。

まずは、原則を徹底して実践する。

その中で、例外を発見する。


では、キーワード訓練、実践とは?


【キーワード訓練の一例】

●仮説を立てる段階でキーワードツールを利用する。

●仮説を立てる段階で検索エンジンで検索して検証する。

●仮説を立てキーワード候補を抽出し、実際にキーワード広告に出稿し検証する。

アクセス解析で得られたデータをもとに再度、仮説を立て検証する。

ブログ記事のタイトルにキーワードを入れ記事を書きキーワード競合強弱を検証する。


まずは、その商品やキーワードに徹底的に興味を持ち調べ上げることです。


商品にはその商品の持つ独特の特性があります。

商品スペックや効果・効能のことではありません。


お客様(検索者)が、その商品に対してもつ期待であったり、時期であったり、

その商品だから「検索キーワード」はこうなるという特性があるのです。


キーワードも、その商品だからこのキーワードで売れる稼げるというのがあります。


いろんな事を公式化したがるお気持ちは解ります。

されど、決して公式化できるものではありません。


なぜなら、人も商品もキーワードも生きているからです。

常に変化し、流動的です。


しかも、お客様(検索者)の欲求は千差万別だからです。


キーワード訓練は、それらの流れを瞬時に感知し対応するものです。

決して公式化できるものではありませんが、キーワード訓練によって「売れる稼げる」は可能になります。


繰り返します。

まずは、その商品やキーワードに徹底的に興味を持ち調べ上げることです。

それがキーワード訓練の第一ステップであり「売れる稼げる」の原点です。


それでは次回からは、角度を変えてのキーワード訓練についてお話していきます。


「何度でも言います!キーワード訓練」、身についてくると見える世界が変わりますよ。(*^▽^*)

本日は、鴨川会長(はじめの一歩)の言葉を贈ります。
-------------------------------------------------------------------------------

努力した者が全て報われるとは限らん。

しかし、成功した者は皆すべからく努力しておる!!

- 鴨川会長 -
-------------------------------------------------------------------------------

あなたの可能性は無限大!!

NEVER GIVE UP!!

今日も明日も明後日も、あなたの頑張りを天知る地知る汝知る(*^▽^*)
---------------------------------------------------------------



LET'S GO!


応援ポチっと!よろしくです^^にほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへarrow29-007.gif

以上【もしもドロップシッピング徒然編571.(キーワード訓練、実践とは?)】でした。
次回、【もしもドロップシッピング徒然572.)】


posted by can at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | キーワード訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
ホームページSEO集客コンサルタント会社|CANコンサルティング株式会社
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。