このブログをはてなブックマークに追加

2012年04月10日

金環日食が熱い!!2012年5月21日金環日食に備えて日食メガネが必須!!

金環日食が熱い!!金環日食の観察には日食メガネが必須!!


2012年5月21日6時30分ごろから金環日食が起こります。

129年ぶりのことだそうです。


「日食」について少し整理しますと。


「日食」とは、太陽ー月ー地球の位置関係になり、

地球から太陽を見たとき月が間に挟まれるために太陽の一部(または全部)が隠される現象です。


「日食」には、その見え方によって皆既日食・部分日食・金環日食があります。


皆既日食とは月によって太陽が完全に全部隠されることをといいます。

部分日食とは一部だけ隠される場合をといいます。


そして、金環日食とは太陽のほうが月より大きく見えるために

月のまわりから太陽がはみ出してまるで金の輪っかのように見えることから「金環日食」と呼ばれます。


5月21日は日本全国で金環日食が見れるわけではなく、一部の場所では部分日食となります。

それでも、東京・大阪・名古屋など各地で金環日食となるようです。


金環日食は非常に珍しい現象であるため天体マニアだけでなく、

広く一般に注目されています。



ただし、夜空の星の観察と違い、太陽ですから「金環日食」が起こる前後に、

直接太陽を見てしまっては目がやられてしまいます。


小学生の頃、下敷きを透かして太陽をみたりしましたが、

それは非常に危険なことで失明のおそれさえあるそうです。


そこで、フィルム状の太陽観測用フィルターを使って見るのが良いそうです。

小学校などでは、太陽観測用に日食メガネを手作りしたりもするそうです。


もちろん、ちゃんとした日食メガネが商品としても売られています。


決して直接太陽を見ることのないように前もって日食メガネを用意しておきたいですね。


ただ、直前になると在庫切れを起こす可能性もあるので

観察しようと思われる方は今からご準備しているほうが良いと思います。


ちなみに、金環日食だけでなく2012年6月6日には、金星の日面通過という珍しい現象もあるようです。

金星の日面通過は、2012年6月6日に見逃すと105年後までないそうです。


百数年に1度と言われるとなんだか胸がときめいてしまいますね。(*^▽^*)




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
ホームページSEO集客コンサルタント会社|CANコンサルティング株式会社
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。