このブログをはてなブックマークに追加

2012年02月07日

もしもドロップシッピングキーワード訓練のまとめ目次

【キーワード訓練のまとめ目次】

もしもドロップシッピングにおいてキーワードは非常に重要です。

ドロップシッピング初心者さまのためにキーワードの概念やキーワード訓練についてまとめました。

1から順番に読まれると良いと思います。

 1.【何度でも言います!キーワード訓練

 2.【キーワード訓練の入り口〜お客様は検索エンジンから〜

 3.【キーワードに込められた想い

 4.【キーワードの選別

 5.【売れるキーワード

 6.【「稼げる狙うキーワード」の出発点

 7.【「関連キーワード」と「複合キーワード」のココを押さえる!

 8.【『商品名』の周辺にお宝あり!

 9.【検索ボリュームとロングテールキーワード

10.【キーワード訓練、実践とは?

11.【「稼げるキーワード」が生まれる瞬間を逃さない!

12.【「キーワードと購入数予測」

13.【「キーワード」とページのマッチング

14.【「キーワード」と「タイトル」


ラベル:キーワード
posted by can at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | キーワード訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もしもドロップシッピング徒然編578.(「キーワード」と「タイトル」)


【もしもドロップシッピング徒然編578.(「キーワード」と「タイトル」)】

---前回のまとめ---もしもドロップシッピングキーワード訓練 --------

キーワード訓練のまとめ目次

ドロップシッピング初心者様が陥る非常に多いケースですので、

今、一度、「キーワード」とページのマッチングを再度、確認していただければと思います。
-------------------------------------------------------------------

もしもドロップシッピングキーワード訓練に少しづつ慣れてくるというのは、

知識の詰め込みではなく、実践の中で慣れてくるという意味です。


その実践の際に、是非、癖づけして意識して頂きたいのが「タイトル」です。

「タイトル」というと漠然として幅広く感じるかもしれませんが「タイトル」なんです。


「タイトル」に関する値するものは全部です。

・ホームページ名(ショップ名)

・ホームページ(ショップ)個別ページ名

・ブログ名

・ブログの個別記事名

・ハンドルネーム

・見出し

・テーマ

・カテゴリー

・タグ

その他。。。etc


通常、「タイトル」というと「タイトルタグ」<title>〜</title> を指します。

「タイトルタグ」の先頭に「キーワード」を入れます。

これが基本です。


この時、1ページ1キーワードの原則があり欲張ってはいけません。

「タイトルタグ」以外にも「タイトル」に値するもの準ずるものがありますので、
それも粗末に扱わないで欲しいのです。


物には名前があります。

名前はとっても大事です。


お子様の名前や会社名を付けれるとき、何日も考えてつけるはずです。

縁起の良いのがいいとか、流行りだとか、いろんな願いを込めてつけます。


この感覚を「タイトル」をつけるときにも持っていて欲しいのです。

ただ、その時の基準が「縁起」や「想い」ではなく「キーワード」ということになります。


「タイトル」に「キーワード」を含めることでネット上ではパワーが宿ります。

また、何回でも付け替えることもできます。

ただ、できれば変更しなくて済むのであれば、それに越したことはありません。


また、「キーワード」を間違えることも大事な事です。

この「キーワード」でやってみたけど、パワーが感じられない。

では、次はこれでどうかと検討します。


大事なのは常に意識することです。

「キーワード」を常に意識する。

特に「タイトル」に関る部分は「キーワード」を意識する。


キーワード訓練がわざわざ「訓練」とつけているのは、

知識の詰め込みだけではダメですよという意識づけでもあります。


「キーワード」と「タイトル」の関係を常に意識する癖づけをしましょう。


「何度でも言います!キーワード訓練」、身についてくると見える世界が変わりますよ。(*^▽^*)

本日は、渡辺和子(ノートルダム清心学園理事長)さんの言葉を贈ります。
-------------------------------------------------------------------------------
神様は私たちの「願ったもの」よりも、幸せを増すのに「必要なもの」を与えてくださいます。
それは必ずしも自分が欲しくないものかもしれません。
しかしすべて必要なものなのだと、感謝して謙虚に受け入れることが大切です。

- 渡辺和子 -
-------------------------------------------------------------------------------

あなたの可能性は無限大!!

NEVER GIVE UP!!

今日も明日も明後日も、あなたの頑張りを天知る地知る汝知る(*^▽^*)
---------------------------------------------------------------


LET'S GO!


応援ポチっと!よろしくです^^にほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへarrow29-007.gif

以上【もしもドロップシッピング徒然編578.(「キーワード」と「タイトル」)】でした。
次回、【もしもドロップシッピング徒然579.)】
posted by can at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | キーワード訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

もしもドロップシッピング徒然編577.(「キーワード」とページのマッチング)


【もしもドロップシッピング徒然編577.(「キーワード」とページのマッチング)】

---前回のまとめ---もしもドロップシッピングキーワード訓練 --------

キーワード訓練のまとめ目次

基本はありますが基本に基づきながらも、あれこれ果敢に試してみる。

決して1つの公式的に考えてはなりません。


「キーワードと購入数予測」もその1つの見方でありヒントです。
-------------------------------------------------------------------

もしもドロップシッピングキーワード訓練において初歩的なミスが多いのが、

「キーワード」とページのマッチングです。


検索結果や広告をクリックして訪問者が来るページをランデイングページといい、

成果・購入率を上げるためのページ工夫を「ランデイングページ最適化(LPO)」と言われます。


しかし、今回お話するのは、それ以前の問題です。


PPC・SEOに限らず多いミスです。

極端な例をあげると。。。

ある「商品名」で広告を出し、もしくは上位表示を狙っているとします。


「商品名」ですから当然、その商品について興味のある人がクリックします。

また、クリックされて表示されるページにはその商品についての情報が期待されます。


ところが、クリックして訪問してみると総合ショップのトップページが表示される。

商品がズラッと並んでいるページです。

確かに、その陳列の中に対象の商品も並んではいます。


しかし、検索者にその陳列の中から、対象商品を探せというのでしょうか?

馬群に埋まったその商品をです。


残念ながら多くの検索者は、そのままそのページを閉めてしまいます。

右上の赤いバッテンマークの地獄ボタンを押してサヨナラです。


これは陳列の最初に小さく置かれていても同じことです。


上記例は、極端な例と言いましたが、

実は、コレよりひどいケースも多々見かけます。


「キーワード」には検索者の期待が込められています。

にも関らず、その期待を完全に裏切るページが出現しては成果どころのお話ではなくなります。


購入率アップ、売上の上がるページ作成以前の問題です。

そもそも入口でアウトです。


これは、単に集客する、人を集めるなどの想いが先行して自分よがりになってしまうことから起こります。

なんでもかんでもアクセスアップという考えは捨てたほうが良いです。


ときにアフィリ的手法でアフィリエイトリンクを踏ませる為だけのページというのもありますが。。。

それとて、あまりおすすめできるものではありません。


集客する「キーワード」を決めたなら、そのキーワードへの期待を考え、

ページがその期待を直接的に応えるものでなければより良い成果も期待できません。


例えば、「口コミ」「効果」などのキーワードで集客するのであれば、

ページの最初に「口コミ」「効果」についての情報があり、

その後に、「商品のおすすめ」があるのなら検索者は期待に満足した後、購入するかもしれません。


しかし、いきなり「商品のおすすめ」があり、「口コミ」「効果」の情報が最下部に載せられていても、

そこまで、スクロールしてもらえると期待するのはナンセンスです。


これらは、単に一例に過ぎません。

「キーワード」とページのマッチングが微妙におかしなケースはいくらでもあります。


検索者の想いや期待を完全に予測しカバーすることは無理だとしても、

この「キーワード」でこのページはないだろうという判別ぐらいはできます。


せめて、その「キーワード」で集客したとき、

検索者(お客様)の期待に直接的に応えるページであるのか、

もしくは、期待を裏切らないページであるのか。


お客様の立場になるという最低限のチェックは必要です。


「そんなの当たり前だよ〜。ちゃんとできてるよ。」と思っておられるあなたさま。


本当にできているのなら結構ですが、

ドロップシッピング初心者様が陥る非常に多いケースですので、

今、一度、「キーワード」とページのマッチングを再度、確認していただければと思います。


「何度でも言います!キーワード訓練」、身についてくると見える世界が変わりますよ。(*^▽^*)

本日は、孫子の兵法の言葉〈彼を知り己を知らば〉を贈ります。
-------------------------------------------------------------------------------
「彼れを知りて己を知れば、百戦して殆うからず」

相手の実状も知って自己の実情も知っていれば、百たび戦っても危険な状態にならない。
相手の実情を知らずに自己の実状だけを知っていれば、勝ったり負けたりする。
相手の実情も知らず自己の実状も知らなければ、戦うたびに必ず危険に陥る。

- 孫子の兵法 三 謀攻篇(戦わずして勝つ) -
-------------------------------------------------------------------------------

あなたの可能性は無限大!!

NEVER GIVE UP!!

今日も明日も明後日も、あなたの頑張りを天知る地知る汝知る(*^▽^*)
---------------------------------------------------------------


LET'S GO!


応援ポチっと!よろしくです^^にほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへarrow29-007.gif

以上【もしもドロップシッピング徒然編577.(「キーワード」とページのマッチング)】でした。
次回、【もしもドロップシッピング徒然578.)】
posted by can at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | キーワード訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

もしもドロップシッピング徒然編576.(「キーワードと購入数予測」)


【もしもドロップシッピング徒然編576.(「キーワードと購入数予測」)】

---前回のまとめ---もしもドロップシッピングキーワード訓練 --------

キーワード訓練のまとめ目次

もしもドロップシッピングにおいて「キーワード」は生きていることを知っておいて下さい。、

「稼げるキーワード」が生まれる瞬間を逃さない!
-------------------------------------------------------------------

もしもドロップシッピングキーワード訓練において購入数予測という見方があります。

成果率予測についてグーグルが調べた結果1%基準というのがあります。


100人の訪問者があれば1人は成果行動(申込む・買う)を起こすというものです。


ただし、これはページの出来や訪問者属性によってバラツキがあり目安でしかありません。


されど、訪問者数(アクセス数)に大きな差があれば違いが歴然とあります。


シュミレーションしてみましょう。

単純に100人に1人の成果という1%基準を適用したとします。


例えば、1.「商品名」での月間検索数が10件。⇒10ヶ月に1件

2.その「商品の小ジャンル名」での月間検索数が100件。⇒月に1件

3.その「商品の中ジャンル名」での月間検索数が1000件。⇒月に10件

4.その「商品の大ジャンル名」での月間検索数が10000件。⇒月に100件


1〜4は、すべて同じジャンルに集まる人ですが目的は千差万別。
されど、まったく無関係の人たちでもありません。

ターゲットを絞れば購入率も上がりますから単純に上記数字予測のようにはいきません。


ただ、上記のように1.「商品名」での月間検索数が10件であれば100%購入でマックス10件売上です。

PPC集客であれば、これでも良いかもしれません。

購入直近のお客様だけを集め、広告費を削減し費用対効果を最大限にする点ではOKです。


しかし、上記の例でPPC集客において10ヶ月に1件の売上を待てるでしょうか?

それなら、少々、広告費を出しても「小ジャンル名」で月に1件を狙う方が良いかもしれません。


言っておきますが、これは試行錯誤するときの1思考回路に過ぎません。

また、数字通りにいくものではありません。


ただし、試行錯誤するときのヒントにはなります。

つまり、少しづつターゲットを広げたり狭めたりとやってみることです。


SEO集客であれば競合の強さや現在の自分のSEOパワーにもよりますが、

広告費というものがかかりません。


そうであるなら、月間検索数が極端に少ないキーワードを狙うのは得策ではありません。

せめて月間検索数1000件以上は欲しいです。


私が現役バリバリでPPC集客をしていた頃の例ですが、

「新20色羽根布団8点セット」という商品名よりも

「布団」という「大ジャンル名」に購入キーワードを足した複合キーワードのほうがよく売れ、しかも黒字でした。


SEO集客でも競合の強弱は「ジャンル名」絡みのほうが弱く簡単な場合もあります。

しかも、トップページで「大ジャンル名」を狙い、カテゴリーページで「小ジャンル名」を狙い

個別ページで「商品名」を狙うこともできます。

もちろん、ケースバイケースです。


何が言いたいかといいますとキーワード訓練においても、

先入観や固定観念を試行錯誤によってブチ破って欲しいということです。


それこそがキーワード訓練です。

基本はありますが基本に基づきながらも、あれこれ果敢に試してみる。

決して1つの公式的に考えてはなりません。


「キーワードと購入数予測」もその1つの見方でありヒントです。


「何度でも言います!キーワード訓練」、身についてくると見える世界が変わりますよ。(*^▽^*)

本日は、チャールズ・フランクリン・ケタリングさん(発明家)の言葉を贈ります。
-------------------------------------------------------------------------------
999回失敗しても、1回うまくいけばいい。それが発明家なんだ。

失敗は、うまくいくための練習だと考えているんだ。

- チャールズ・フランクリン・ケタリング -
-------------------------------------------------------------------------------

あなたの可能性は無限大!!

NEVER GIVE UP!!

今日も明日も明後日も、あなたの頑張りを天知る地知る汝知る(*^▽^*)
---------------------------------------------------------------


LET'S GO!


応援ポチっと!よろしくです^^にほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへarrow29-007.gif

以上【もしもドロップシッピング徒然編576.(「キーワードと購入数予測」)】でした。
次回、【もしもドロップシッピング徒然577.)】
posted by can at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | キーワード訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

もしもドロップシッピング徒然編575.(「稼げるキーワード」が生まれる瞬間を逃さない!)

【もしもドロップシッピング徒然編575.(「稼げるキーワード」が生まれる瞬間を逃さない!)】

---前回のまとめ---もしもドロップシッピングキーワード訓練 --------

キーワード訓練のまとめ目次

飛躍的に「稼げるキーワード」を見つけるには「検索力」「調査力」を磨く、

キーワード訓練を怠らないことです。
-------------------------------------------------------------------

もしもドロップシッピングにおいて「キーワード」は生きていることを知っておいて下さい。

これは言葉が生きているのと同じです。


昔よく使われた言葉が今はあまり使われなくなる。

その代わり、新しい言葉が生まれてくる。


時代背景や流行りによって生まれてきます。


新しい言葉が生まれるということは新しい「キーワード」も生まれます。

当然、「稼げるキーワード」も生まれます。


例えば、少し長い時間の流れの中で言えば、

「激安」という「キーワード」から「最安値」という「キーワード」への移り変わり。

また、「通販」という「キーワード」の打ち込みも少なくなってきています。


短い瞬間的な時間の流れの中で言えば、

毎日と言っていいほどに生まれています。

例えば、メデアで紹介された商品の関連キーワードなどです。


新しい商品が出れば「商品名」自体が新しいキーワードとして生まれます。

昔からある商品でも紹介のされ方によって新しい関連キーワードが生まれます。


この新しく生まれる「キーワード」こそが「稼げるキーワード」の源泉にもなります。

新しく生まれる「キーワード」にはライバルが少ないからです。

その瞬間を逃さないことです。


ガチガチに固まった競合が強く参入障壁が高いと思われる「キーワード」でも、

例えば、急に品薄になれば、「在庫あり」というキーワード需要が新しく生まれます。


緊急性が生じれば「即日発送」「即納」「即配」が新しく追加されます。


これらは、ほんの一例に過ぎず、ドンドン生まれ、そして消えていきます。

その「キーワード」の寿命は、各々違えど「生まれた瞬間」が「稼げるキーワード」が生まれる瞬間です。


これら生まれ来る「稼げるキーワード」を逃さないためには日頃から情報に敏感でなければなりません。

また、その情報を活かせるセンスも磨かなければなりません。


テレビも見ないでは困ります。

よくテレビの情報は遅く、ネットの情報が早いと言われますが、それは情報の種類が違います。

我々のお客様は一般のネットユーザーです。話題の中心はテレビ情報であることが多いです。


お客様はテレビも見、新聞も雑誌も読み、仕事もし、遊びもします。

ごくごく普通の人たちのライフスタイルの変化、もしくは、ごく一部の興味分野に集まる人たちの動向など。

幅広く世間の動向に敏感であることが大事です。


そして、情報を得たなら即行動です。

少々、出遅れたと感じても、その情報を得た瞬間に動くことです。


「稼げるキーワード」が生まれる瞬間を逃さない!


これも1つのキーワード訓練です。


「何度でも言います!キーワード訓練」、身についてくると見える世界が変わりますよ。(*^▽^*)

本日は、辻 晴雄さん(シャープ社長)の言葉を贈ります。
-------------------------------------------------------------------------------
蜘蛛の巣はダメ、蜜蜂になれ。

情報はくるのを待つな、自ら求めて動きまわれ。

- 辻 晴雄 -
-------------------------------------------------------------------------------

あなたの可能性は無限大!!

NEVER GIVE UP!!

今日も明日も明後日も、あなたの頑張りを天知る地知る汝知る(*^▽^*)
---------------------------------------------------------------


LET'S GO!


応援ポチっと!よろしくです^^にほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへarrow29-007.gif

以上【もしもドロップシッピング徒然編575.(「稼げるキーワード」が生まれる瞬間を逃さない!)】でした。
次回、【もしもドロップシッピング徒然576.)】
posted by can at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | キーワード訓練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ホームページSEO集客コンサルタント会社|CANコンサルティング株式会社
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。